年金の仕組み

スポンサーリンク
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第13回【国民年金基金ってなに?パート3 遺族一時金と60歳以上の加入について】

国民年金基金には加入者への老齢年金だけでなく、遺族への保障の機能があります。確定保証期間期間付きの年金に加入することで、加入者が死亡した場合に遺族へ一時金として支給があります。ただし、支給できる遺族の範囲と順位が決まっているので注意が必要です。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第12回【国民年金基金ってなに?パート2 給付の型と加入口数】

コマーシャルでも流れている国民年金基金。自営業やフリーランスの加入を勧めていますが、国民年金と何が違うのでしょうか?加入した場合、どれくらいの年金が受給できるのでしょうか?政府が薦めている公的な個人年金はどんな制度なのでしょう。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第11回【国民年金基金ってなに?パート1 種類と加入対象者】

テレビコマーシャルなどで見られる国民年金基金。名前は聞くけど何をしているところなのでしょう。国民年金と何が違うのでしょう。国民年金基金の謎についてわかりやすく2回に分けて解説します。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第10回【とってもお得!老齢基礎年金にさらに年額を上乗せしよう!】

老齢基礎年金の金額だけでは老後が不安。どうにかして増やしたいけど、安全な方がいい。それを簡単にできるのが国が第1号被保険者向けに独自制度として行っている付加保険料を納める仕組みです。付加保険料とは何?聞いたことある人もいるかもしれません。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第9回【老齢基礎年金いったいいつ元が取れるの?】

毎月払っている国民年金保険料。支払ってはいるけれど、ちゃんともらえるのか心配です。そして、もらえたとしてもいったい、いつ元が取れるのか気になります。払った分は取り戻したいのが人の気持ちです。いったいいつ取り戻せるのでしょう。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第8回【ねんきん定期便で年金が将来いくらもらえるか確認しよう!】

ねんきん定期便は毎年誕生月に送られてくる自分の老後資金を知るための大切な書類です。ねんきん定期便をしっかり確認して現時点で自分がどれだけの年金を受けとれるだけの保険料を納めたか知りましょう。今回は年金はいくらもらえるのか、もらえる資格はあるのかを確認する方法です。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第7回【収入が苦しいとき国民年金保険料は免除してもらえる】

病気やケガ、失業、災害等色々な事情で収入が減少してしまい、生活が苦しくなってしまったときは、悩まずに節約できるところから節約しましょう。その一つが国民年金保険料です。生活が苦しい中、国民年金保険料は払わなくても良いのです。免除を受けても年金はもらえます。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第6回【50歳以上は気をつけて!学生の時に年金保険料払ってた?】

50歳になると年金をもらえる年齢60歳まで後10年です。ですが、きちんと国民年金保険料を支払っていますか?もちろん、会社勤務などで厚生年金保険に加入しているから払っているという人もいると思います。でも、学生の時は国民年金保険料を払っていましたか?
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第5回【海外に住んだら年金はどうなるの?任意加入被保険者で解決!】

海外に住みたい、移住することが決まっている、もう住んでいる。さて、この人たちの年金はどうなるのでしょうか?会社に勤めずに海外に住む場合、何も手続きをしないと年金はもらえない!?その不安を解消してくれる安心の制度がきちんとあります。
お金

年金の仕組みをわかりやすく説明 第4回【年金をもらうための資格期間が足りない!年金額が少ない!任意加入被保険者で解決しよう】

年金をもらえる資格がない、もらえる年金が少ないかも。もしも、そんなことになっても解決方法があります。それが、国民年金の任意加入。任意加入をすれば、もらえる年金が増やせてる、納付期間を満たして年金を受けとる資格がもらえる、といいことがいっぱいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました