スポンサーリンク

初詣はいつまでが初詣?お正月飾りはなぜつけるの?由来とお正月との関係について調べてみた

文化
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初詣の由来は?

お正月になると大勢の人でごった返す初詣。

初詣はそもそも何故行くのでしょうか?

一説によると、源頼朝が元旦(1月1日の午前中)に鶴岡八幡宮へ参拝したことが始まりといわれています。

この参拝から徐々に初詣は広まっていったと考えられています。

そして、江戸末期までは地元の神社仏閣に初詣に出掛けるのが一般的だったようです。

明治時代に入り、鉄道などの普及により遠方の有名な神社仏閣に参拝するようになったようです。

初詣といえば、神社と思う人もいるでしょうが、日本は古来より神仏習合という信仰が一般的なので、神社に参るのもお寺に参るのもどちらでも大丈夫です。

我が家は12月31日に除夜の鐘を撞いて、鐘を撞いた直後に1月1日に日付が変わってからお寺の本堂にお参りします。
そして、1日の日中に地元の神社へ参拝しています。
人混みや渋滞は苦手なので、完全地元派です。
現代は家庭によって参拝のスタイルも色々ですよね。

初詣はいつまでが初詣?

初詣は、年籠りという大晦日に家長(いわゆる世帯主)が地元の神社(氏神様)に籠り、徹夜してお祈りを捧げる風習が、除夜詣と元日詣での2つに分かれたといわれています。

除夜詣では、大晦日に参拝することで、その年の感謝を伝えます。
元日詣では、新年へのお願いを掛けるために参拝します。

今でも、NHKの「ゆく年くる年」などで放送されているように、除夜詣と元日詣では行われていますが、その日を逃してしまった場合はいつまでが初詣なのでしょうか。

答えは、年内ならいつでも初詣です。

その年に初めて参拝に詣でるのであれば、初詣となるようです。

遠くの有名な神社仏閣に行かずとも、本来行くべき地元の神社仏閣で初詣しましょう。

お正月飾りと初詣

一般的に松の内と呼ばれる12月13日からお正月飾りを玄関先などに施してお正月を迎える準備をします。

このお正月飾りをつけるのは、歳神様を迎えるための準備です。

歳神様は家にやってくる神様で、お正月飾りはその時の目印のようなものになります。

 お正月飾りとその意味

●しめ縄…その場所が神聖であることを示しています
●門 松…歳神様がやってくるための目印になります。
●鏡 餅…歳神様へのお供え物です。

お正月飾りをするのは、慣習として12月28日を過ぎてはいけないことになっています。

29日は二重苦とイメージが重なること、30日は旧暦の大晦日、31日は現歴の大晦日で、歳神様を迎えるのにとりあえずやってますという、やっつけ仕事になってしまい「一夜飾り」といわれ、悪いイメージがついています。

最近は家に神棚がない家庭も多いと思いますが、歳神様は神棚とは別で、お正月の間だけ特別に場所を設けて祀ります。
恵方に祀ると吉方角といわれています。

私が子どもの頃、祖父母から毎年、歳神様を迎えるにあたって、28日までに済ますように言われていました。

我が家は、恵方関係なく、歳神様はいつも床の間に祀られていました。

お正月を迎える準備は、なるべく頑張りたいですが、大人になってみると、気づけば12月28日になっていた!なんてことは度々あります。

地域や家庭によって慣習は違うと思いますし、生活スタイルが様々な現代社会ではこういった云われは馴染まない感じもしますが、日本の伝統文化は、日にちがギリギリでも繋いでいきたいと思います。

最後は鏡開きで締めくくり

松納めといって、門松などのお正月飾りを取る日があります。
この日は、地域によって色々です。
1月3日から15日の間に行われます。
関東と関西で違いもあります。

結婚されて、違う地方に行かれたりすると、こういった風習の違いは色濃く出るので驚かれることが多いと思います。

そして、取り外したお正月飾りをどうするか。

今でも行っている地域はたくさんありますが、「とんど焼き」で燃えるものは燃やしてもらうのが清めるといった意味では一番良いと思います。

とんど焼きをしていない地域では、自治体の分別方法に従って分別し、塩などをかけて清めた上で、収集日に出されることをお勧めします。

松納めが終わった後は、鏡開きでお供えした鏡餅をいただいて、一年の無病息災を祈りお正月行事を締めくくります。

鏡開きでいつも悩みなのが、鏡餅のカビです。
焼酎で表面を毎日拭いていたらカビが発生しなかったのですが、大変だったので、心が折れて、今は真空パックを使っています。

昔は、暖房事情も悪く、現代よりも気温が低かったので1週間程度は保つことができたのでしょう。
暖房の聞いた部屋では、放っておくと3日目くらいから、まずミカンの下がカビていました。

カビは表面よりも中の胞子がしっかり根を張っているので、食べることはあまりお勧めしません。

タイトルとURLをコピーしました